読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

何故ストレスがたまると食べてしまうのか

それは、ストレス状態っていうのは何かしらの欲求が満たされない状態。

人にひどいことを言われたのは、自分の承認されたい欲求とか認められたい欲求が満たされないからイライラする。

彼氏とうまくいかないと、愛されたい欲求とか、もっとダイレクトに性欲が満たされないからイライラする。

寂しいときは、人と仲良くやりたいっていう親和欲求が満たされないから。

仕事でうまくいかなかったときは、高いレベルで物事を成し遂げたい達成欲求とか、勿論承認されたい欲求が満たされないから。

 

その欲求が満たされない時、

食べるという手っ取り早い「食」の欲求を満たす行為によって、

ひとときの満たされを望むのでしょう。

だから人は「食」に走るのです。

代替手段なんだよね。

 

ただ、食に走るといいことないですよね。

健康面、美容面共に悪影響。

 

だからといって、ストレスそのものを対処するのが難しいときだってある。

 

それなら、食以外の、もっと自分自身がスキルアップする手段で

欲求を満たせばいいんです。

それが「ストレス解消法」。

 

運動によって達成欲求を満たすこととか

人と話すことによって親和欲求を満たすこととか

いろんな方法が考えられる。

それはまた次の記事で考えるとして、

 

ストレスから過食してしまったときは、

「何か満たされない思いがあるから、食で手っ取り早く満たしたんだな」と理解し

その満たされない思いは何かを考えてみたり、

食以外の方法で満たす方法(ストレスコーピング)を考えてみるのも

大切なのかもしれません。