読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

27週5日▷名付けと直感

読みやすく 覚えやすくて 感じよく 

平凡すぎず  非凡すぎず名


俵万智さんの短歌にあるように、名付けはとても難しいですね。

その子の最初の贈り物、そしてその子が死ぬまで使う贈り物。

頭を抱えて夫婦で暫く首をひねっていました。

女の子の名付け辞典を見ても、どれも良いような。でもピンとこない。


最近ひょいと、あらこの名前いいんじゃない?という名前に出会えて、決まりそうです。

何かを決める時、なんとなーくいい感じだねという感覚を私たち夫婦は大事にしています。

結婚指輪も、挙式会場も、住むマンションも、なんとなーく、ここいいね!という感覚で決めて来ました。

勿論予算とか立地とかいろんな条件に見合うものかを後から考えますが、でもきっとそれは後付けで、やっぱり直感なんだろうなー。


女の子の名前、甘すぎずある程度の強さはある名前。

今後お腹に呼びかけて、気に入ってもらいます。


久々の雨降りですね。

傘をさしてお出かけ。

郵便局のお姉さんが綺麗で優しくて嬉しかった。窓口対応が感じが良いとそれだけで、エネルギーチャージできる気がします。


モスチキンを食べながら、隣の親子の会話を聞きます。20代前半と思しきお嬢さんの周りには子宮系の病気の子が多いとのこと。

"そんなにたくさんいるってことあるー?"とびっくりした様子でした。

そうなのよ、けして婦人科の病気って珍しくないのよー、お嬢さんも気をつけてねなんて思いながら。


魚を食べよう週間!

鯖缶をおかずにご飯を食べました。

彼がいないと、料理を作る気がしません。

誰かが食べてくれるから料理を作るし、

誰かと一緒に住むから、掃除をするのですね。

モチベーションの源は、他者みたいです。