読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

28週1日▷彼実家とのお付き合い

妊娠後期(28-39週)

だるだるゆっくりクリスマスでした。

こんなにも昼夜逆転は治らず、生活リズムも食事リズムも乱れまくりで、いいのでしょうか…

いや、よくない。本気で治す!

 

クリスマスらしいプレゼント交換とか、イルミネーション見にいくとか、そういうことはしませんでした。

 

お寿司を食べに行けたことは、よかったです。

最近は、100円寿司は卒業。

かといって、街で一番のレベルのお寿司は食べられないので、その中間の値段を狙っています。

ちゃんと職人さんが握ってくれるけど、比較的リーズナブルなお寿司屋さん。

寒ブリ、あなご、卵焼き、お味噌汁、牡蠣と海老の天ぷらを食べました。

満足ー。美味しかった(^^)

 

彼のご実家にハムを送ったので、お礼の電話をいただきました。

久々に直接お話、お式以来でしょうか。

あらためて、わたしはこの方のこと、近所のおばさまレベルでしか思ってないんだなぁ。

彼の家族だからといって、自分の家族として思えないし、思わなきゃいけないとも思ってない。

年に一度数時間のお付き合いなら我慢出来るかなぁ。

子供にとってのおばあちゃんなんだからとか、よく母や友達は言いますけど、それは確かにそう。

お腹のこの子と、祖父母とおじさんとの関係は、この子が決めればいいこと。

 

彼の実家のことを考えると、胃のあたりが重く、暗く嫌な気持ちになります。

なぜか最初から好きになれず、関わりたくないという私の気持ちが強いのです。

そして、結婚後、自分の家の両親との付き合い方も変わりました。

距離の近さに鬱陶しさを感じてしまいます。

なんでしょうねー。いやだいやだ。

 

年に一度、彼の実家へ家族みんなで行き、年に一度、私の実家に家族みんなで行くという距離感を望んでいます。

残りのお休みは、家族だけで過ごしたい。

あとは、盆暮のお歳暮お中元年賀状のやり取りくらいなら!我慢出来る!

 

あぁ…こんなおまけがついてくるなら、結婚という形より事実婚という形をとりたかった。めんどくさいですね。