読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

カルテット 第2話

ドラマ

別府くんと九条さんの終わりが、切なかった。

あぁいうずるい感じ、あるあるですよ。

自分のこと好きな子が結婚するってことに、ちょっと面白くない思いを感じてて、そこで本命に振られて、寂しい気持ちの時に、自分のこと好きな子にちょっかいだすこと。

寂しい時だけ、自分のこと好きって気持ちを利用するのはずるい。

九条さんはそのずるさをわかってて、それでも大好きだった人から求められるのがうれしくて、応じる。

ずるいけど、あんなことってあるよね。

あそこで、婚約破棄とかしないところが、リアルで。

 

それまでのぎこちない"火照ってる"感じ  笑

下世話な言葉で言えば、童貞っぽさと、

九条さんとのキスシーンの手馴れてる感じとのギャップに妙にドキドキしてしまいました。

 

独特のやりとりがはまってしまう。

たぶん回を重ねるごとに好きになるだろうドラマ。