読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

35週4日▷産院の母親学級

産院の母親学級へ。
臨月妊婦さんばかり、30人弱いると不思議な迫力がありました。
ここに60人いるのね!

みなさん、仕事を辞めたり、里帰りしたり、もともと主婦だったり。
年齢も下は25位から40前くらいまで。
バラバラな境遇。
体調が良く、本当に最近まで仕事をしていた人から、切迫で自宅に閉じこもり二ヶ月を過ごした人まで。
バラバラな妊娠経過。
それでも、みんなどこか不安と希望と入り混じった表情をしているところや、お腹を撫でる手の感じがすごく似ていて、あぁ、みんな同じなんだなぁと思いました。
孤独感が少し和らいだ感じ。

赤ちゃん人形の抱っこ体験がありました。
3キロの赤ちゃん、命の重さがずっしり。
かわいかった、人形なのに。
にこにこしちゃいました。

入院までの経過、出産までの経過。
産院が少し遠いので、ちゃんと入院まで漕ぎ着けるか。
あとは、無痛分娩なので陣痛のマックスの痛みは感じずに済むと思いますが、パニックにならずに済むか。
その二点が不安です。
母が来てくれるまで、平日の昼間は一人なので。
いい子だから、もう少しママと一緒にいようねと声かけをしています。

母親学級、ちょっと億劫だったのですが、行って良かったと思いました。
なにより、説明してくださった助産師さんの誠実さや一生懸命な感じを受けて、任せて大丈夫だと安心したのが大きかった。

のこり30日。ドキドキ。
今日もわたしの赤ちゃんはかわいくしゃっくりをしているようです。