木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

37週2日▷正産期の日曜日

おなかが張る頻度が増えてきたような気がする日曜日。
この張りに、痛みが伴えば、陣痛…と助産師さんは言ってました。
うーむ、どんな感じなのかしら。

よく動くように言われたため、今日も意識して歩きました。
8000歩。いつもは、5000歩いかない位なので、私比で頑張っています。
8000歩位なら、達成感も心地よい疲れもうまれるみたい。
今の私にはそれくらいがちょうどいいかもしれません。

お昼は大好きなタイ料理。
エスニック大好き。
隣の女性四人組(たぶん、30代前半…?)の、女子会な感じがすごかったです…!
妊活を始めて葉酸飲んだら口内炎ができなくなったとか、新大久保のあのお店が流行っててどうだとか、婚活の話とか。
わたしは楽しく興味津々に聞いていましたが、彼は昼間からあんな大声でする話かなぁと少々げんなりしてました 笑
なんだか、将来への不安や今の生活への不満感もありつつ、結局なんとかなるでしょうという楽天さもあり、今の自分そこそこ好き!な、自己肯定感はしっかりある感じとか。
みなさんおしゃれで、ばっちり化粧して、東京にはこんなキラキラした女の人がたくさんいるんだろうなぁなんて。
ちょっと憧れました。

東京マラソンでしたね。
被り物を被ってる人、大きな声で応援してる家族づれ、ほのぼのいい雰囲気でした。
楽しいですねー。

夕方、友達ご夫婦宅へお茶をしに。
奥様は同じく妊婦だったので、妊婦あるあるの話ができて嬉しかったですー!

妊婦になって得たことはたくさんあるけど、妊娠中の様々な出来事やそれにまつわる気持ちの変化に、共感できる下地ができたことは大きいです。
もちろん妊婦って人それぞれ違う体験なので、わたしが経験したから必ずしもわかってあげられるとは思いません。
現に、わたしも子持ちの人から"わたしはこうだったけどー"という形で理解してもらえなかったり、逆に子供がいない人に気持ちをわかってもらったりという経験もありました。
なので、自分が経験したからと言って全て分かり合えるわけではないということは肝に銘じつつ。
相手の気持ちを想像するための自分の経験値が広がったことは、心理屋さんとしては、喜ばしいことかもしれないなぁと思うのです。

たくさんお話できて、楽しかったです。
お友達と、またパパママ友達という新しいステージの関係性になりますね!
わくわく。
子供の性別は違うけれど、仲良く遊んでくれますように。

正産期の土日は彼がずっとそばにいてくれるので心配ないです。
問題は平日!ドキドキ。
今週が始まります。