木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

37週2日▷最後の友達とのお約束

昨日一昨日遊んだので、朝はぐったりしてました月曜日。
朝から不思議な夢。
友達がノーベル賞取る夢を。
その友達に報告しました。夢の話とかうざいかなぁと心配しましたが、楽しんでくれました。
わたしの友達は器が大きい。

身体を無理やり起こして、友達とランチへ。
産院以外の最後の予定です。

一年ぶりの友達。
大学時代、院試の勉強を一緒に頑張った友達です。
院試の勉強って、わたしにとってはかなりのターニングポイントでした。
勤勉に、何かに向けてコツコツ頑張って達成するという経験がなかった私。
院試はまさに人生がかかっていたので、同じく院試を真剣に取り組んでいる仲間と切磋琢磨しながら頑張ったのです。
"初心忘るべからず"という言葉の、"初心"は、その時だと感じています。

その子も同じ首都圏で、子供に対する心理的支援を行なっているので話がすごく刺激になりました。
乳幼児期の一年の大切さ、どんなに子供が変化していくか。
支援者として、みんなに愛される子を育てていくために、愛情をしっかり込めて手をかけていくこと。
障害を持つ子供の親御さんが子供と離れて一息つける時間の大切さ。
家庭だけでは経験できないその子にとって適切な環境を与えること。

学生時代の仲間がこうやって頑張っているということは、いい刺激になりますね。
これからも、意識的に会えていけたらと思いました。
そして、出会いを求めているという彼女に、男友達を紹介してみることにしました。
うまくいくかなぁ。
二人ともとっても素敵な人なので、うまくいけば嬉しいんですが…♡

実は友達とランチ中、ちょっとお腹が張ると緊張してドキドキしてしまっていました。
もう遠出はだめですね、緊張しちゃう。
家から片道30分以内を複数回お出かけするという程度に留めます!