木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

生後2ヶ月3日▷引っ越し

引っ越したのです。

前の家は彼と私の職場の中間地という視点で駅を決め、駅近で築浅という視点で家を決めました。
子育てするにあたってはいろいろ課題が。
・家の近くの道が歩道がなく車通りが多い
・家賃が高い!
・公園が近くにない

家の更新月が近づいており、更新料がかかることにも後押しされて引っ越しました。

新しい街は
・彼の職場30分圏内
・家賃、前より-1.5万
・部屋の広さ3割り増し
・道が広い
・公園がすぐ隣にある

…と、嬉しい要素たっぷり。
都心からは少し離れてしまいましたが、子と私の生活は都内に出る頻度はおそらく月一以下。

自分の住環境を家族員の生活スタイルに応じて変えることが出来るのは賃貸の醍醐味だと感じました。
引っ越しはかなり重労働ですが、荷物の整理になるのもメリットですね。

赤ちゃんがいるので、隣と真上の部屋の方へお菓子を持ってご挨拶。
こんな時にケーキ屋さんの焼き菓子は便利ですね。
とっても感じの良い方々で、嬉しい気持ちになりました。
しかし、世の人々は土日予定なく家にいる時もあんなに小綺麗な格好をしているものなのでしょうか…
毛玉だらけのジャージでいた私たち、自省しました。

土日は彼と順番に赤ちゃんをあやせばいいのでずっと楽です。
なかなか、一人でメリーを見させておくことに罪悪感があるので、遊んでくれていると嬉しい。
どうしても、家事をする時間も必要になります。
洋服を着るように赤ちゃんを肌から離すなという格言を大切にしているので、構ってくれる人が多いと嬉しいですね。
いっぱいいろんな人にかわいがってもらいたいです。