読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

【恋愛】うまく紹介して貰うコツ

恋愛ネタが続きますけど、お付き合いするきっかけって、

①学校やサークル、バイトなど同じコミュニティだった(自然な流れ)

②友達の紹介、合コン、街コンなど(攻めた流れ)

この2つが主だと思うんです。

そして、20代前半までは①での自然な出会いでの流れを求める人が多いと思います。

20代半ばあたりから今いるコミュニティでは巡り合えないと感じて

自らいろんなコミュニティに入ってみるとか、②に移行するパターンが多い気がします。

今回②の友達に紹介して貰うときのコツじゃないですけど、打率が高まる方法を記事にしてみようと思います。

 

友達の彼氏に友達を紹介して貰う

※ただし、その友達の彼氏が自分もこういう彼氏がいて欲しいなぁと思う場合に限る

 

ええと、まず。

友達って類友が多いです。年齢層、学歴、趣味、遊び方、ノリなどなど何らかの共通点があってつながっている場合が多い。

だから、素敵だなーって思う人に紹介して貰えばおのずとその人と似ているタイプの人に紹介して貰えます。それが利点の1つ目。

利点の2つ目としては、その男性の周りの人も同じようなタイプの子が好みの確立が高いので、友達の友達であるあなたも類友であるから友達と似ているタイプなはずなため、成就しやすいんじゃないかなーって思います。…わかり辛!笑

更に、ノリの良いカップルだったらいろいろ相談にも乗って貰ってイベントとかおこしてくれるので更に成就しやすいっていう利点もあります。

 

だから、誰か紹介して欲しいなーって思った時は、

自分の友達の中で素敵な彼氏とお付き合いしている人に的を絞って紹介を願い出るのがおすすめです。

 

多分性別逆も然りかな。