読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

iphoneケースを開きづらいものにしたらケータイ依存症が少し緩和された話

考え方

スマホ依存症だと思う。

いや、いつも片手に持っていないと落ち着かないとか

暫く手放しているとイライラするとか、そういうレベルではないけれど。

誰かが一緒にいるときは、スマホなんて一切いじらない。

ご飯食べているときも、お酒飲んでいるときも、たいてい鞄の中にいれてる。

だけど、一人でおうちにいるときは、スマホいじっている時間が多いなー

多分2時間位?もっと?

 

ええと、そんな私がスマホケースを替えました。

うまく説明できないんですけど、裏面のみならず前面にもカバーがあって

手帳型っていうのかな、そういう形態のもの

それで、そういう形態のものって大抵横開きなんです。

本開くみたいな感じの。

だけど、私のは縦に開く感じ。

だから、ちょっと面倒くさいんです。開けるのが。

そうしたら。ぐんと、ついスマホ見るってことが減りました。

「ちょっと面倒くさい」って気持ちって、悪癖を減らすのに役に立つんだなーと

だから、スマホ開くのに指紋認証で大丈夫って感覚だとパスワードわざわざ押さなきゃないのに比べて開くハードルが下がるから、ケータイ依存症の度合いが高いのではないでしょうか