読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

【結婚式】節約して正解だったところ

生きていくのにはお金が必要。

そんなにお金は掛けられないけど、でも満足した披露宴を挙げたい。

わたしがどこを節約したのか、もしかしたら誰か役に立つのかもしれないので、まとめておきます。


▶︎お花

お花は、節約しました。

でも、あんまりにも量が少ないと写真映えがしないのも確か。

魔法の言葉"グリーン多めで"

お花より葉っぱの方ががずっと安いので、

同じ値段でもグリーン多めにしてもらう方が量的な見栄えは良かったです。


▶︎ケーキ

ケーキカットは無しにしました。

ファーストバイトをしたくなかった※1 という理由で、司会者にも"基本的にみんなしますよ"と説得されましたが。

結局、10万円位節約できたんじゃないかな。

基本プランについてあるケーキはこのまま出すわけにいかないだろうってくらいシンプルなんです。

なので、どうしてもランクアップする必要があります。

また、ナイフに着けるお花、ケーキ台のお花など、+αでお金がかかってくるんです!

どうせ、デザートはついてくるのだし、一切カット。

ゲストからもそこまで指摘はされませんでした。

(一人からは、"二人がいちゃいちゃしてる写真が撮れなかった"と言われましたが)


▶︎引き出物

引き出物は、楽天で購入しました。

持ち込み料を差し引いても、断然やすかったです!


▶︎招待状、席札

デザインや装飾などランクによって値段が倍近くしましたが、あまり重視する人もいないと考え、基本プランについているものにしました。


▶︎席次表

席次表は、手元に残る可能性もありますし、案外みんなじっくり見るので少し凝りたいと思ってました。

式場のはお高かったため、下記のサイトで申し込みしました。満足!

http://www.piary.jp/paper/reception/


▶︎ビデオ

ビデオ撮影は止めて、写真のカット数が多いのを選びました。

直後は、映像で見たいと後悔したこともありますが、写真で見てもある程度自分の中で再生できるので、やはりなしで良かったと思います。


※1

あの意味、男性は, "一生あなたを食べさせてあげる"、女性は"一生あなたに美味しいご飯を作ってあげる"という意味が含まれてるらしいのですが、わたしのジェンダー論的にありえないので、やめました 笑