読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

【産後の母が来てくれるプロジェクト】日程、場所、予算

産後母が来てくれるプロジェクト

母が出産後、一ヶ月手伝いに来てくれます。

私たち夫婦の住まいは1LDKで狭いことと、親族と言えど人を泊めることが苦手なことから、住まいの近くのマンスリーを借りることにしました。

それに伴って、準備スタートです。

 

①入居日及び退去日の検討

・運転ができる彼がいてくれた方が助かるので、入居日及び退去日は休日です。

・一番母に来て欲しい時期は産まれた後ですが、臨月のお腹が大きい時にそばにいてくれると私が安心なので、入居日は予定日の一週間前の日曜日にしました。

・予算の都合上と、里帰り出産の皆様も大体産後一月の一ヶ月検診を機に里から戻って来ているということを参考に、30日程度と日程設定しました。入居日から30日後の土曜日を退去日にしました。

 

②場所の検討

レオパレスなら、どこも大体作りは同じだと知っていたので予算と立地で決めました。

・車や自転車は使わず、歩いてもらうことになります。バスや鉄道で行けるところも考えたのですが、その往復の時間や運賃を考えると、多少高くても今住んでいるところから近いところで探しています。

 

③予算と準備に関して

・マンスリー料金(家賃、光熱費、鍵交換代、クリーニング代等々が込みです)は、我が家負担。

また、一緒に摂る食事の食費は我が家負担です。

・布団レンタルは別途です。父や姉が泊まりに来ることも考えているようなので、2セット借りることに。

・我が家までの往復交通費及び、自分一人で食べる食費、雑費は自己負担してもらうことにらしました。

 

④プロジェクト目標

・母が、快適に一ヶ月過ごせること。

・母の生活を整え、わたしの産後のサポートを万全にしてもらうこと

 

⑤プロジェクト行動リスト

 ・母の暮らしに必要な物品を準備し、里から送ってもらうものや、新しく購入するものが最低限でいいように手配する

レオパレスや、布団のレンタル会社とのやりとりや手続きを確実に行う