木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

そこにいるだけでいい

夫が病院に行ってきました。
なんだか、病院に行くこと自体が人を前に進ませる力を持っていますね。
あなたは今こういう状態ですねと、心理的な説明(心理教育)を受けたことで、すっきりした表情をしていました。

あなたはそこにいて、生きているだけでいい

そうやって、存在それ自体を認めてあげることって、家族や友達、仕事と関係ない人間関係が出来ることなんですね。

仕事で関係している人は、業務上の期待があり、それをやり遂げるという関係性でつながっていますものね。
もちろん、家族内での父親役割としてこなしてほしいことはありますが、それは二の次三の次で、極論生きているだけでそれでいいんです。
それで、私の生きる力となるんです。

家庭って、ご飯食べて排泄して休養をとるという、人間の原始的な部分を担う場所だなぁと改めて思いました。
生きる上で本当に大事な場所です。
一人で作り上げるには限界があるので、人はパートナーを作って、共同で作り上げるのですね。

彼に何かあった時、私がしっかり支えられるような余裕を持とうと改めて思いました。
そのためには、私が心身共に丈夫でいる必要がありますね。
今回、苦しい気持ちを母親と友達3人に相談していました。
それがすごく良かった。
自分のためだけではなく、娘や夫のためにも、自分をいたわり、やさしくして、甘やかして、心身共に元気な状況を保っていきます。

もち麦ダイエット

もち麦ダイエット、始めました。

産後の体重がなかなか戻らないわたしと、人生最高体重を更新続け、会う人会う人に太ったと聞かれている夫のために。

本当のやり方だと1/2-1/3もち麦を入れて炊いているようですが、続けられなさそうなので1/5位で炊いています。

味はプチプチした歯ごたえで美味しいです。
むしろ白米だけより好きかも!
栄養価としては、食物繊維が豊富で、血糖値の上昇が緩やかになる効果が。
また、亜鉛ビタミンB1マグネシウムも白米より取れるとのこと。
そして白米だけよりローカロリーで済むという美味しい効果沢山。
楽天で、1kgで1000円で購入しました。

暫く続けてみようと思います。
生活習慣を少し変えることの積み重ねで、きっと自分って出来ていくのですものね。

気持ちいい風を浴びて

夫が心身共に調整期間のため、有休を使っています。
ゆっくり過ごしてます。
こんなにゆっくりできるのは、彼にとって久々じゃぁないかな。
私も娘も、夫が家にいてくれて、一緒にいろいろ行動できるのは幸せです。

休むって意外に難しいですよね、ゴロゴロしてるだけだと、疲れ取れた!リフレッシュ!って感じにはなりませんし。

ゆっくり料理、洗濯、掃除をしてみたり、
娘と遊んだり、甲子園を見てみたり、
公園をお散歩したり、
長風呂したり、早寝したりして過ごしてます。
お寝坊も!

彼は毎日走っています。
汗をかきシャワーを浴び、気持ち良さそうです。

わたしも料理作りがいがあり、グリーンカレーに挑戦したり、なすの味噌炒めとか、なすとじゃがいものミートソースグラタンとか、カレーとな。
野菜たっぷりの料理を作って、大量に野菜を食べています。
最近、浅漬けにはまっています。
きゅうり、キャベツの浅漬けを大量に作っては大量に食べています。
野菜メインの食生活、幸せです。

彼は初めてのカウンセリング。
カウンセリングは相性があるので、良いカウンセラーに出会えることを心から願います。
残念ながら癖の強いカウンセラーもいるのですよね。

週末は友達家族と国内小旅行。
彼の親友と彼がゆっくり飲みに行く時間があるので、ほっとしています。

今の時期、たーくさん充電して、責めずに自分を見つめ直して、よりしんどくない生き方を身につけてほしいな。

ぐちぐちおぼん

お盆つかれました…
つかれたので、ぐちぐちこぼします

義父母宅で、正座をしていたら
"あなたのお家なんだから足崩して"と言われました。
あなたのお家なんだからと、二回繰り返されました…
これ、すごく不思議なんですよね。
私のおうちではないと思います。
私のおうちは、夫と娘と3人で住んでいる家で。
両親が暮らしている実家でさえも、私のおうちという意識はあまりありません。
こんなこと繰り返されるから、家制度を意識して行きたくなくなるんだけどねー。
勿論足は崩しません。
私のおうちではないので。

みるみる親戚が集まり、娘はかわいそうに初対面の大人7人に代わる代わる抱っこされる羽目に。
それはしょうがないですね…
完母かどうか聞かれるのも、聞いてどうするんだという感じですが、まぁあるあるなので流しましたね。

ただ、義父が、"写真だとぶくぶく太って男だか女だかわかんないけど実際見ると女の子だな"って、全く褒めてないですよね。
というか、成長曲線ど真ん中の娘に、ぶくぶく太ってって…
赤ちゃんはふくふくするものなのに…
イラっとしました。
あとは、やたら義父が娘の足をベタベタ触るのも気になりましたね。

農家なので、いつもお米をいただいています。
そのお米の催促やお礼は基本夫がしているのですが、それを私がするように促されたのも嫌でした。
窓口は夫にしたいんです。

あとは、娘に話しかけるような口ぶりで
"お家に遊びに行っていいですか"と、何度か言っていましたが、私が直接言われたわけではないのでスルーしました。
二回言われましたが、二回ともスルー。
私は基本来て欲しくないので。

ご飯を囲みながら、みなさんわいわいしてましたが、全く笑えませんでしたし、ご飯も全然食べたくなかったです。
義務的に、流し込みました。
ストレスを感じると、ご飯が食べられなくなるのですね。
娘を膝に抱きながらで、義母に抱っこさせるように促されましたが、慣れてますから…と、拒否しました。

最後の方は、娘を呼び捨てで呼ばれるだけでイライラしていたので、私はもうダメだと思いました。

まだ会ったことが片手で足りるレベルの、好感度が低いおじさんおばさんに家族扱いされているという事がすごく嫌です。
夫のことは大好きですし、この人以外と結婚することは考えられませんでしたが、この義実家との付き合いというものがあることを結婚前に知っていたら、本気で結婚を考え直していたと思います。

私はすごくストレスを感じる帰省でした。
年に一度、日帰りだったらまだ我慢できますかね…。
年始とお盆と年に二回ならちょいとキツイ。

おぼんのぐちぐちでした。
吐き出し場所があって、よかったです。

たのしいベビーヨガ

近くでやっていた、ベビーヨガに参加しました。
三回通いましたが、気に入りました。
私の通ってるベビーヨガは、赤ちゃんをマッサージしたり、赤ちゃんの身体をちょこちょこ動かしたりしてあげる感じ。
その前後でママの身体もほぐします。
レッスン中は自由にオムツ替えや授乳やらしてよくて、赤ちゃんがぐずったら赤ちゃんのお世話をしています。
なので本当自由な感じ。

今までヨガの体験レッスンに行ったことがありますが、自分のポージングが下手くそで、周りに下手だと思われているのではないか気になってなかなか続きませんでした。

ベビーヨガは、自分と自分の赤ちゃんのことでみんな精一杯で、誰も周りを気にしてない!
わたしも周りを気にする余裕がない!
自分と自分の赤ちゃんの身体に集中できて気持ちいいんです。

ちょこちょこスピリチュアル?自然派?な雰囲気になるのはうっとなりますが、
(頭皮のマッサージをすると産まれた時のバーストラウマが緩和されるとか、経血コントロールとか)
そこさえ聞き流せば、勉強になることも多いです。

例えば、
①赤ちゃんを抱きあげる時は脇の下より少し下の肋骨を持つように
②抱っこ中の反り腰が腰痛の原因。丹田と足の裏側の筋肉に意識を集中。
③抱っこは赤ちゃんと胸と胸がつき、おでこにちゅーできる高さで
など。

あとは、赤ちゃんの身体はよく触ってあげることが大事というのは、自分の感覚とすごくマッチします。
肌と肌が触れ合う育児をしたいので。

先生の考え方がいいんですよね。
"こうしなきゃいけないって考えると、やらなきゃいけないことになってめんどくさくてやらなくなるので、やりたいなーって思ってやってください"
"順番とか手順とかいいので、楽なやり方気持ちいいやり方でやってください"
というスタンス。
正解がない感じ、心地よいです。

週一位で通ってみようかしらと思います。
たのしいお稽古事、見つけられてよかった。

うまくいってることを続ける

夫はなんとか光が差してきました。

"あたたかく見守る"
"優しい声かけ"

うちの夫には、むいてなかったようです。
実力行使で、朝、おなかが痛いと娘を預け、車の鍵を隠しました。
背中を押し、大丈夫わたしがやるからと多少強引にしたところ、職場に連絡。
上司と会うことが出来たのでした。
その後はトントン拍子に、今週来週は有休で休むこと、心療内科へかかることが決まり、夫の表情がようやく緩みました。
ずーっと表情がかたかったので。
やっと帰ってきたと、心の底から安心しました。

キャリアカウンセリングをやってる友人からの助言で、
①生活リズムを整えて夜寝て朝起きる生活
②運動
③外に出てみる
ことが良いみたいだよーとつぶやいたら、毎日走ってくるようになりました。
体育会系は強いですね…!
もともと運動嫌いとか、インドア派だと、運動しろと言われてもハードルが高いですもの。
運動がいいんだぁじゃぁ走ろう!と、運動に対するハードルが低いのは生きる力ですね。

わたしも、ちょっとおねだりをして、お出かけ連れていってもらったり、家事をしてもらったり、ありがたい時間が続いてます。
彼も、私のために力になれることで自責感が和らぐよう。
ウィンウィンですね。

カウンセリングに通ってほしいと心から思います。
自分について、自責をすることなくゆっくり考えること、自分の話を丁寧に聞いてもらって大切にしてもらう感覚を得ること、すごく大切。
ちょっとお値段は張りますが、一度国内旅行に行ったと考えてしばらく通ってほしいです。
一度体験してよい経験だと思うんですよね。

この期間、ただの辛い時間だったで終わらせてほしくなくて、人生においてあそこで転んでよかったなと思ってほしいです。

あぁ、よかった。
わたしもひとあんしんして、娘と2時間くらいお昼寝をしました。
身体中ゆるゆるだ。

産後クライシス

夫が相変わらず自分の殻にこもりっぱなしで、何もさせてくれないわりに、実家に帰らないでほしいというんだよ。
なんていうワガママ。

心配なのに何もできないのってつらいねー。
だから世の中の大変なみなさんは自分のためじゃなくて大切な人のために周りに頼ったらいいと思う。
誰かのために何かしてあげられたことって、結構嬉しいものよ。
力になれないって、結構苦しいものよ。

大変な時は大変だ大変だって大声で叫ぶのよ!
じゃないと誰も助けてあげることができないんだから!と上司の言葉を思い出します。
大変だ大変だと叫び、市の産後ケア事業で助産院のデイケアへ行って参りました。
綺麗で快適な個室で、加藤夏希に似ている美しい助産師さんが時折顔を見せてくれて、お昼とお茶とおやつの時間まであって。上げ膳据膳で。
いい1日でした、行ってよかった。

私がこうやって、一人しんどい思いをして、でも娘はとっても可愛くて、そうやって過ごしてることを誰かに知ってもらえてよかった。
受付の人、助産師さん、通りすがりのおばちゃん、親子、いろんな人に声かけられて、私と娘がここにこうしていることを認めてもらって、嬉しい。
かわいいねって言葉をかけてもらうたびに、そのかわいいが私の心の中に、あなたはよくやってるよ、ママとしてちゃんと頑張ってるよというメッセージとして変換されて心に積もる。
あなたたちはここにいていいんだよって、認められてる気分になる。
今日会って可愛がってくれた人、ありがとう。

夫のことを考えると悶々とするので、娘が背中漏れしたシーツのことに集中します。
背中漏れしたシーツとお洋服を石鹸で洗い上げ、ついでに洗濯もして、干して、小松菜のおかか和えと鮭と餃子を焼き自分のご飯を食べ、食洗機に食器を入れてついでに流しも洗い、娘をお風呂に洗って娘のスキンケアをして自分のスキンケアもついでにして、なかなか寝ない娘に2時間位付き合った…。
ようやく寝たけど彼から連絡は来ず、何時に帰ってくるのか今どこにいるのか、どうせ連絡しても来ないんでしょう、なぜ私は一人で子育てをやっているのだろう。
もやもやするから寝る。
いろんな思いが出てきた一日でした。

いつまで自分のことばかりに集中しているの。
早くパパになりなさい。
夫への怒りが出てきたので私は元気です。