木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

"あなた"はどう思ってるの?

昔付き合ってた人は、自分がない人でした。

"なんでもいいよ"

"行きたいところ、付き合うよ"

デートの時間も場所も頻度も全て私優先…というより、私任せ。

二人のことなのに、なぜいつもわたしだけが決めるんだろうと疑問に思いながら、わたしの好きなようにできる楽さに甘えていました。

 

自分のペースのみで人と付き合うことは、人をどんどん自分勝手にさせますね。

都合の良い時にのみ彼と向き合い、いつのまにか他の人に惹かれてしまい、別れを告げました。

"◯◯が望むなら…"

"○○が幸せになるなら"

そう言ってすんなり別れてくれると思っていたら、別れるのにずいぶん時間がかかりました。

好きな人ができたと言ったら、

"そいつにあって俺にないところは?それを全て身につけるから付き合い続けて"

といわれ、絶句した覚えが。

今考えると、それも、相手の好みに合わせる彼らしい発言だったんでしょうね。

 

一見、勝手に振り回した挙句、他の人を好きになって最後も振り回して終わるという恋愛でした。

彼はきっとそう思い、被害者的立場になっており、わたしも同じくそう思い、罪悪感が強かったです。

 

それから何年も経った今思うこと。

あれは、わたしのわがままが助長されてしまい、二人の関係が適切じゃなくなってたな。

本来なら、人間関係ってお互いが"自分"の都合や気持ちを言い合い、その中で折り合いをつけていくもの。

自分の気持ちや都合のみを尊重された結果、彼の気持ちや都合が見えなくなっていました。

幼いわたしは、それを推し量るということも出来なかったんですね。

彼が我慢して合わせてくれたことが普通になり、我慢して合わせていてくれたこと自体に気づかなくなっていった。

 

うーん、どうすればよかったんでしょう。

いや、はっきり意見を言い合える関係じゃないから、遅かれ早かれ終わりになっていたのでしょうか。

相手の気持ちや都合を意識して推し量るようにするべきだったのかな?

うーん、そんなことできなかったなぁ。

 

こういうタイプの人、友人にもいます。

決して自分からは誘ったり提案したりしないタイプ。

こちらから誘うと、口では喜んで応じてくれますが、不安になってしまうようになりました。

果たしてこの子にとってわたしはどんな存在なんだろう、無理して振り回してないかな。

無理して振り回したくなくて、微妙な気遣いが嫌で、結局疎遠になってしまいました。

 

自分の意見や気持ちをいうことって、人間関係を維持する上ではすごく重要なこと。改めて感じました。

 

専門書をメルカリで売る

専門書をメルカリで売っています。

 

売るのには、勇気がいりました。

いつか必要になるかもしれない、時間ができたら読み返したい…そう思うとなかなか捨てられません。

でも、残念ながら時間は出来ないのです。

もし出来たときは、そのときの喫緊の課題の本を読んでいるのでしょう。

それを買った時が、自分にとって一番関心が高くて、一番必要な時期だった…そう思ってます。

いつか必要になるかもしれない、それはそうです。

そしたら、その時は再度購入しよう。

 

これ、以前アメトーーク!の本芸人でカズレーザーさんが言っていたことです。

カズレーザーさんは読み終わったらすぐ処分する、もう一度読みたくなったら再度買うと言ってました。

その方が作者に印税が入るから…と。

 

わたしだけの視点ではなく、わたしが本を手放し、必要な人に多少安くまわり、そしてわたしがさらにまたその本を必要な時に買えば…市場がまわっている感じがします。

メルカリだと専門書は、半額ほどで売れますので、ありがたいお小遣い稼ぎになります。

今のうちに身辺整理し、すっきりして育休を終わらせたいと思います。

 

落ち込みを認知行動療法で分解!

今日はなんだか暗雲が立ち込めているような落ち込みが来ました。

ここは、認知行動療法で自分の落ち込みを分解してみようと思います。

 

起こった事実は、

"歯医者で娘の前歯の虫歯を指摘され、指導された"

です。

 

これに対して、わたしはこんなふうに考えました。

"虫歯、ごめん。こんな小さいうちに虫歯にするなんて、わたしの責任だ"

"わたしは離乳食もろくに食べさせられないし、だめだ"

"虫歯を治すため、これ以上増やさないため…やることはこれとあれと…あぁ、やることがたくさんだ。わたしはできるのだろうか"

 

この時の、わたしの気持ちはこんな感じでした。

・悲しみ

・恥

・自信喪失

・不安

 

わたしの身体感覚はこんな感じでした

・顔に力が入る

・足がそわそわ落ち着きがなくなる

・お腹のあたりがどんよりなる

 

それから、わたしの行動はこうなりました

・虫歯についてネットで調べまくる

・母に相談しようかと思いきや、責められるのが怖くて電話をやめる

・夫に相談してわかちあってもらう

 

以上、分解おしまい。

わたしは、娘の虫歯に衝撃を受けました。

人はショックを受けると、いつもと違う精神状態になります。

そのうちの一つが、自責。

わたしの落ち度に過度に目が向きます。

そして、今回のことだけではなく他のことに対しても"自分はだめだ"と一般化してしまいました。

更には、自信喪失し、これから一人で対処できるか未来への不安を強く抱いています。

 

わたしは、夫に相談できたことは何より大切なことでした。

この不安な気持ちを共有し、一緒に考えてもらう。適切な対処方法がとれました。

また、これからわたしができることは以下の通りです。

 

・歯科衛生士さんに教えてもらった通り、こまめに前歯をこするようにする。

・歯磨きの練習も嫌がらない程度にやり続ける

・私と夫の虫歯治療

・私と夫がキシリトールガムを食べて口内のミュータンス菌を減らす

・来月娘の歯科検診に再度行く

・娘の食事は時間を決める、8-9時・12時・18時。それ以外の時間に大人も食べない。

・ヨーグルトや菓子は辞めて果物にする

・離乳食をおやきなど噛む回数が増えるものに

 

こうやって考えると少し落ち着きました。

 

江國香織さんって、雰囲気を読む作家

久々に江國香織さんを読みました。

がらくた。

中年夫婦と、高校生の女の子の話。

物語の設定なんだけど、それとかけ離れた話のように感じます。

江國香織さんは、どんな話と聞かれても、難しい。

基本的には日常。

その中でどんなことが起こっていたとしても、静かで美しく哀しい日常。

何枚か紙を挟んだ上で、それを見ているような、どこか遠くて人ごとで。

だから、私は江國香織さんの登場人物誰にも共感はできなくて。

社会一般からも少しずれてる価値観や考え方の登場人物を、ただただ、見てる感じ。

心を揺らさないでいてくれる感じがここちやくて、傷つきやすい時は江國香織さんがぴったりだと思います。

 

心に残ったフレーズは、会いたいは言って欲しい言葉だから、自分から言わない…です。

 

大谷翔平の素顔 佐々木亨

 

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔

 

 

大谷くんはわたしにとってすごく魅力的な人。

どんな風に育ったのか興味があり、この本を読んでみました。

 

そもそも大谷選手になぜ惹かれたか。

それは、たまたま見たテレビで大谷くんのこんな言葉を聞いたからです。

メジャー行きについて栗山監督と大谷くんが話し合っていたとき、大谷くんが言った言葉。

僕にとっては、成功するとか失敗するとかではなく、挑戦することが大事なんです

この言葉、胸に響きました。

 

わたしは高校で初めて吹奏楽に挑戦して、でも全然上手くならなかったし練習も嫌いだったんです。

強豪校だったからオーディションで落ちて泣いて先生に怒られたこともあるし、さぼってパートリーダーに怒られたこともあるし、かっこ悪い自分がそこにたくさんいて。

それを恥じて、寝る前に吹奏楽に入ってなかった自分を妄想したりするんです。

うまくいかなくて、かっこ悪かったから、あの決断は間違ってたのかと思っていました。

でも違うんだ、わたしはたしかに挑戦した。

それがあの時のわたしにとっても、そして今の自分にとっても、大事なことだったんだ。

うまくいくこと、かっこよくスムーズにやることが大事じゃなくて、挑戦することそれ自体が大事で、それができたから良かったんだ。

そっかそっかー。

救われた気持ちになりました。

 

大谷くんに戻って。

親御さんの子育てスタンスは、基本的には本人の意思を大事にしていました。

自分で決めること、その結果を自分で引き受けること。

小さいうちから、自分の意思を尊重してもらう環境にあったのでしょう。

基本的に、それぞれの考えや意思を尊重する関わり方。

あまり親御さんからこんな風に育てたという話が出ない。

きっと、親御さんが教えて育てたんじゃなくて、彼が育つ土壌を親御さんが提供したという感じなんでしょう。

 

大谷家、居心地の良い家であったようです。自室はほとんど使わず、家族みんながリビングで過ごす家と述べていました。

安心して過ごせること、家で十二分に疲れを癒し、パワーをつけてまた外の世界でいろいろ吸収していくのでしょうね。

そう、家庭で教育するというよりは、大谷家は、安心安全なエネルギー補給の場であり、そこで、大谷くんは伸び伸び育った印象です。

 

花巻東高校や、日本ハムでのエピソードから、大谷くんの能力を大切に育てようと、適切なハードルを置こうとして苦慮した姿を見ました。

適切なタイミングを探るために試行錯誤した、まさに命を削って考え抜いたように思います。

どの選択にしたって"翔平の未来とって何が良いか"を一番に考えています。

そんな風に指導者に思わせるほど、大谷くんの魅力、身体的な能力にとどまらず、考え方や人格的な魅力もあるんだろうな。

なんだろう、"野球少年'と、大谷くんはよく称されますが、そんな感じのある意味純粋さもあるのでしょうか。

子供の夢は応援したいし、子の未来に希望を持つし、子供が楽しそうだとこちらも嬉しい。

大谷くんもそれと同じ、大谷くんが純粋に野球を楽しそうにやってる姿を見て、応援したくなるんでしょうか。

 

魅力的な人、愛される人。

娘にもそんな風に育って欲しい。

娘がのびのびと育つ土壌を、親である私たちが作ろう。

居心地の良いおうちをしよう。

そう思った本でした。

 

ベビーカーなし育児

娘をベビーカーなしで育てています。

現在1歳3ヶ月。

必要になったら買おうと思いつつ必要なタイミングがなく、ここまで来ました。

きっと買わないで済むかな。

 

ベビーカーって、子育て環境によっているいらないが明確。

わたしの場合は結果としてなしで済んだということですが、良かったと思っています。

 

①言語発達の面

言語発達に重要な親の働き掛けは、子供が関心を持っているものや子供の状態について言葉でフィードバックすることです。

たとえば、子供がじっと犬を見ていたら。

"わんわんいるね、わんわんかわいいね。白いわんわんだね"

と、伝えてみたり。

まぶしそうに顔をしかめていたら、

"おひさまキラキラしてまぶしいね、日陰に入ろうか!"

"まぶしくなくなったね、日陰に入ったからだね"

なんて動作付きで伝えたり。

それが、ベビーカーでももちろんできますが、抱っこしていた方が、何に興味を持って何を感じているかを気付きやすい。

たくさん自然に言葉掛けを出来た気がします。

 

②運動発達の面

娘は立ち始めたのが10ヶ月くらい、1歳で数歩歩けるようになりました。

1歳1ヶ月には外で歩くようになりました。

普段は抱っこ紐も使わずお散歩してます。

積極的に地面に降ろし、数歩だけでも歩かせています。

疲れたら一緒にベンチに座ったり。

外でもあんよする機会をたくさん提供することが大事だと思っています。

チャイルドシート、抱っこ紐、ベビーカーに乗っているときはその機会がないので、1歳を過ぎたら出来るだけそれらに乗っている時間を減らしていきたい所存です。

親は大変なので、時間に余裕がある育児休暇の第一子目だからこそ出来ることだとは思います。

 

以上、ベビーカーなし育児でした。

ベビーカーなし育児してる人結構いると思いますが、あまり意見を見ないので、まとめてみました。

 

1歳6ヶ月検診の愚痴を聞いて思ったこと

ママ友の1歳6ヶ月検診の愚痴を聞きました。

そのお子さんは、単語が3つくらいしか出ないみたい。

保健師さんに絵本とか話しかけてあげてねって助言を受けたみたい。
そのママは絵本読んであげてたようで、"接し方が問題じゃなくて子のタイプの問題だよ"って怒ってたという話。

 

発達障害の子って、環境に弱いって言われる。

それって、プラスの働き方をしても他の子に比較して効果がゆっくりしか出ないということと、マイナスの働き方をしたときに他の子に比べて影響が大きいということ。

その子の言語発達がゆっくりならば、環境の働き掛けがその子には周りの子に比べて更に必要な可能性がある。

だから、絵本を読むとか、声かけを今以上にたくさんしてねっていう助言は適切。

 

でも、そのママは腹たつのもわかる。

だって、はなから絵本を読んでない風に、言葉掛けが少ない風に言われてると感じるもの。

やってるのに、やってない風に言われると腹がたつ。

この子の言語発達が遅いのは母のせいだと言われてるように感じて、傷ついて、反発するのも当然。


じゃぁどうすればよかったのかな。

わたしだったら、

"言葉が今の段階では3つなんだね"

って、事実の共有をした後聞いてみるかな。

"言葉掛けとか、絵本とか、普段どんな感じで過ごしてる?"

きっと、お母さんなりの努力が出てくると思う。

"犬を指差したときにわんわんだねぇといってます"とかね。

それに対して、

"いい感じ!よくやってるね!その働き掛けってすごく大事なんだ。さらに効果的にするには、"白いわんわん、かわいいねぇ"とか、二、三個情報を増やして伝えてあげてみることとか、やってみればどんどん増えてくると思うよ"

なんて、ママがやってることを聞いて、いいところを伝え返して、プラスαで助言をしてみるということがいいのかなぁ。

 

ブリーフセラピーの大事な考え方に、相手がうまくいってることは続けて、うまくいかないことはやめるというものがあります。
今やってる関わりをちょっと変えてみる方が、親御さんのやり方を尊重することでもあるし、専門性を伝えやすくすることでもあるのかな。

 

なんて思いました。

ママ友との会話は、すごく大事な時間です。

あとで持ち帰って、よく考えてる。