木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

目の前の辛いこと < これから先の辛いこと

娘は生まれつき軽度の心疾患持ちです。

心房中隔欠損症という、左心房と右心房を仕切っている心房中隔に、欠損孔とよばれる小さな穴が開いている病気。

動脈管開存症という、本来生後すぐふさがるはずの、肺動脈から大動脈の抜け道である"動脈管"が産後もふさがらない病気。

黄疸で大きな病院に搬送された後、くまなく全身を調べてもらった時に見つかりました。

日常生活は何も気にしなくてよい位の軽度で、ただフォローアップに1ヶ月、半年、一年と通うことになっていました。

そのフォローアップが、結構大変。

 

何が大変って、まず搬送された病院が、我が家から遠かったから。

車で1時間を乳児と共に行くのってなかなか疲れるんですよね…。

たくさんのおもちゃやおやつを差し出しながら、お歌を歌ってたくさん話しかけて機嫌をとりつつ。

これは、早々に家に近い病院へと転院すればよかった!と最近気づきました。

 

フォローアップは、心臓エコーで検査して検査結果をフィードバックしてもらうという流れです。

この、心エコーが曲者で…

眠ってないといけないんです、赤ちゃんが暴れると良くないから。

眠るためのお薬を直前に飲ませてもらうのですが、たぶん赤ちゃんだからあまり強い薬を使っておらず。

眠りやすいように、眠い状態で病院に来ることを求められるんですね。

それがすごく大変。

 

いつもより早く起こし、昼寝をしないように抱っこをパパとママで交代でしたり、高い高いしてみたり。

機嫌がだんだん悪くなり、ねむいよねむいと目をこすりながら泣く娘を見るのが辛くて辛くて。

よしよししてしまって、しまいには寝てしまいました。

 

案の定、検査前には目がぱっちり。

お薬飲んでも全然寝ず、薬も追加でもらい、1時間頑張って寝かしつけてようやく寝ました。

一安心。

帰宅後、薬が強かったからかふらふらで、いつもなら抱っこやつかまり立ちで転ぶことはないのにたくさん転び…

挙げ句の果てにはギャンギャン泣き叫び、頑張って寝かしつけて今は爆睡中です。

何度も自分のリズムではなく寝かされたり起こされたりしていた娘がかわいそうで、お夕寝の時間をとっくに過ぎていますが、夫と二人で見守っている今です。

 

フォローアップはすごく大事なことなんですが、娘に今負担をかけていることがすごく苦しいです。

思えば、注射の時もそうでした。

小さな身体を押さえつけられて、五箇所も注射をされている娘。

将来のことを考えると、注射をしないなんて選択肢はないけれど、みているのはすごくすごく辛かったです。

歯磨きもそうですよね、嫌がることはやりたくない。

でもこの先に、もっともっと辛いことは経験させたくない。

だから、我慢させて、私たち親も必死で我慢して、辛いことをやらせるんです。

これがきっと親の仕事。

親って辛いですね。

辛いけど、本当に娘にとっては何が必要かを考えることが大事なんですね。

 

フォローアップday でした。

 

メルカリだいすき

メルカリに相変わらずはまっています。

よく売るものは育児goods。

お祝いでいただいたけれどサイズアウトしてしまったもの。

サイズアウトしますね!

お祝いでいただくようなちょっとお高めなベビー服は、日常用というよりお出かけ用になることが多く。

そうなると、着用回数が少ないうちに…サイズアウト!

半額くらいで出すと、よく売れます。

3桁ですけれどね、4桁ではなかなか売れません。

送料を考えると、利益はほとんどありませんが、かわいいベビー服をただ捨ててしまうより、誰か他のかわいい子が着てると考えるとあたたかい気持ちになります。

 

あとは、書籍もよく売れますね。

書店で売ってある、今売れている本ならば、定価の100円引き位で売れます。

送料も大抵はメルカリ便、180円で済むので、280円程で新品が読めると考えればすごく嬉しい!

ただ、調子に乗って厚さが3センチ以上のものですと送料が倍以上かかってしまうので注意です。

専門書は厚いのが多いので悔しいですが。

 

購入は、専ら絵本です。

定価の半分以下で購入できるので、すごくうれしい。

大切に前の方も読み聞かせしていたんだと考えると、汚れも気になりません。

50冊位絵本を購入しましたが、1万円弱しかかかってないんじゃないかなぁ。

幸せです。

未就学児のうちはたくさんの本に触れて欲しいので、メルカリを多用していきたいです。

 

何度かベビー服を購入したこともありますが…うーん。

やはり着用感はありますし、同じくらいのお値段を出してバースデーやユニクロで新品を買った方が満足できるかしら。

 

メルカリライフ、今後も楽しんでいきたいです。

 

広告を非表示にする

心がボロボロがすーっとラクになる本

 

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本

 

 心理の本でオススメの本を聞かれた時はこの本を伝えます。

自分に優しくすることって、こういうことなんだなぁと理解できる本です。

 

例えば、こんな一節があります。

今できていないことは、今できないこと

試験勉強をしたいのに出来ない自分、娘が寝ている時に家事をテキパキしたいのに、出来ない自分。

出来ない自分にばかり目がいきます。

それでも、今の私にとって、家事育児の合間に勉強するということは、今できないことなんだ。

自分の限界を理解するということは、自分を甘やかしていることでも、前に進まないことでもないんですね。

 

何かを失ったときには悲しみを感じます。

失ったものについていろいろなことを思い出し、それについての自分のさまざまな感情を味わうことで心の再編成が進みます。

 

子がおらず、自分を最優先にできた状態は失われました。

自由に好きな人と会う自分も失われました。

それはわたしにとってすごく悲しいことでした。悲しい気持ちを感じていいんです。

ただ、その代わり、愛しい娘と出会えました。

夫と娘を愛し、一番の味方で支え続けられる自分になりました。

失ったものだけではなく、得たものもたくさんありました。

どちらもあるんですね。

 

あとは、

自分の時間が全く取れないというのは、物理的なものではなく、

義務感や罪悪感、あるいは"任せられない心"のために、"とても自分のために時間を使っていられない"と感じてしまっていること

という言及もはっとさせられました。

確かに、娘を夫に預けて自分のことをすることに"悪いこと"だと思ってしまっています。

また、"家族のことを一番わかっているのは自分。一番適切な世話ができるも自分"と思っているのもまさしくわたしのことです。笑

例えそうであったとしても、娘にとっても父親である夫にとっても、二人だけの時間を持つことはすごく大切だし幸せなはず。

また、持続可能な育児のためには、わたしがリフレッシュすることは重要課題です。

更に、実際に夫に預けている時間はその時間に最大限集中すること。

ピラティスは自分の身体に耳を傾け、人との時間はその人に集中する。

 娘が昼寝中は、ゆっくり自分のためにお茶を飲み、読書をすること。友人にラインをして、外の人との関係を楽しむこと。

それはずっと続けていきたいと思います。

 

グズグズ言うことで、人は前進する

夫への接し方で気をつけようと思います。

グズグズ言った後、必ず"そんなこと言ってもしょうがないんだけど…"とグズグズ言った自分を悔いる発言をします。

でも、グズグズ言っても大丈夫だよ、そう感じて当然だし、ここでそれを発言して大丈夫なんだよと、伝えてあげることが大事なんですね。

それが、そのストレス対象から乗り越えられる力になるんですね。

そこで、ネガティブな話ばかり聞きたくないなぁという思いも出てきてしまいますが、前に進むため必要な足踏みをしているのだと考え直し、安易に助言したい思いもおさえて、共感的に受け止められるとのいなぁ。

今後娘に対してもそうしていけたらな。

 

自分の方は我慢してしまうけども相手には我慢させないという姿勢、"自分の希望は、他の人な希望よりも格下"というのうな感覚になってしまう人。カウンセリングでもよく会います。

断れないタイプの友達にもいます。

これは、◎◎したいという自分のありのままを肯定することができない、自己肯定感が低いという状態ですよね。

その改善の第一歩として、自分はよく頑張っていると今の自分を認めることをあげています。

それが難しいんですよね。

でも嘘くさく感じても、自分で自分に言ってあげることから始まるのかもしれませんね。

カウンセリングでは、あなたはどう感じたの?本当はどうしたかったの?と、感じ方やほんとうの希望を聞き、そうだったんだねと、それを受容することから始めますかね。

自分の思いや考えに気づかずにいる人も多いですから。

 

2,3年ぶりに読みましたが、たくさんの収穫がありました。

定期的に読んでいきたいです。

好きな人を諦めてからの心の動き

好きな人がいました。

といっても、アイドルのような存在で、会うことももうないだろうと思っている存在でした。

でも、いつかもしかしたら会うことがあるかもしれない…と、たまにときめいて、楽しむ存在でした。

先日、その淡い恋心が夫にバレて、傷つけてしまいました。

彼を傷つけた悲しみと罪悪感で、もう連絡を取ることをやめ、先方にもそのことをお伝えしました。

そこからの心の動きです。

 

まず、ストレスがたまっている自分に気づきました。

自分のストレスマーカー(ストレスが起きている時に、自分にどういうサインが出るか)は、過食と、部屋の散らかりにやたら目が行くことです。

過食が始まりました。

たくさん食べてしまいます…

太ってしまった自分に、嫌悪感。

それから、部屋の散らかりでイライラし始めます。特に、散らかしている原因が夫の場合、夫にかなり腹立つようになりました。

 

なぜストレスフルな状況になっているか。

それは、好きな人を喪ってしまったという喪失感が原因だと考えています。

私にとっては、その人の存在が大事でした。

自分を母親としてではなく、若い可能性のある女性として扱ってくれる人の存在でした。

そういう自分の側面を見てくれる人は、母親業に埋没しそうになっている私にとってすごく重要だったんですね。

悲しいです。

 

喪失感からの回復には、悲しみを誰かと共有することが必要だと思われています。

残念ながら、私はこの気持ちを誰にも話していませんでした。

だから、この悲しみの気持ちも自分一人で味わう必要があります。

一人じゃちょっと抱えきれなかったので、こうしてブログに書きました。

 

喪ったという事実を認めたくなくて、いつかほとぼりが冷めたらメールしてみようかなんて妄想してしまっています。

彼は私にとって、独身時代の象徴なんですね。

自由に夜おしゃれをしてお酒を飲みに行く自分。

でも今、私は一人の男性の妻であることを選択しました。

子の親であることを選択しました。

この時点で、独身時代の自分とはお別れしないと…ですね。

いつか堂々と、その方と会うと夫に言える時は、関係を復活していいと思いますが。

そうじゃないから、ダメだな。

 

この喪失感に向き合い、彼との関係なしの自分を作り上げて行きたいと思います。

ママ友との良い関係の作り方

わたしは産後、ママ友との付き合いがかなり不安でした。

そもそもママ友出来るのかなという不安から、ママ友との関係ってストレスなのかな、何を話せばいいの、どんな人なの。

 

でも、大丈夫でした!

私みたいにママ友との付き合いが不安な人に届け!

 

◎ママ友、出来るかの不安

これはね、大丈夫!

だって、みんな不安だから。

気の合うママ友が欲しい、でも出来るか不安と思っている人は、九割以上だと思います。

みんな欲しいのよ、第二子以降の人もそう。

特にゼロ歳児、低月齢の子ほどそう。

 

◎ママ友はどこでできるか

産院が一緒だった人、マタニティヨガ仲間、

支援センター、ベビーマッサージ、ベビーヨガ等で出会った人、公園で出会う人 あたりが多いでしょうか。

私は支援センターがすごく苦手で、全然行かなかったのです。

その代わり、赤ちゃん連れて行けるヨガや骨盤体操とかはよく行きました。

そこで出会ったママ友がほとんどです。

 

◎ママ友の作り方

①目があったらにっこり笑って会釈

②同じく会釈を返してくれるようでしたら、話しかけましょう。テッパンの話題、"何ヶ月ですかー?"

③この人と友達なりたいなーと好感持った時や、少し話して話し合いそうだなーと思った時は勇気を出して、連絡先を!

④別れた後第一弾のラインをしてみましょう。

⑤勇気を出して、お誘いを! 

⑥一度子連れ同士で会えて、お話ししたらもうママ友です!

 

私のママ友の作り方の流れを書いてみました。

勇気がいるポイントが二つくらいありますね  笑

でも本当、ラインで連絡先を交換しないことには何も始まりませんし、連絡先交換してもそれで終わってしまうこともよくあるんですよね。

いきなりお誘いするのも躊躇しますが、その時お誘いしないともうなかなか連絡もしづらくなっちゃうんです。

 

◎ママ友とどこにいくの?

お互いの家、支援センター、キッズスペース有の居酒屋やカラオケ、カフェやフードコート、公園などですかね。

一緒にお弁当持って支援センターも楽しいです。

あ、あと図書館や支援センターで読み聞かせイベントある時など誘って一緒に行ったり。

 

◎ママ友出来るメリット

子育ては孤独なので、大人と話せて気分転換になります。

病院や保育園の情報交換ができるのも嬉しい!

離乳食も、自分だけだとメニューが同じになりますが、人が食べているものを聞くとレパートリーが広がります。

あとは、なかなか違う環境の人と話す機会が大人になると少なくなるので、それが楽しい。

助産師や研究者、銀行員のママさん達と話せるのはとっても刺激的です。

 

◎ちょっとポイント

最初のラインで改めて自己紹介をすることをおすすめします。

"改めまして、◎月生まれの娘、(名前)の母親◎◎です。親子共々よろしくお願いします"等。

人の子の名前や月齢ってすぐ忘れちゃうんですよね。自分の紹介をすると、相手の方もお子さんのお名前を改めて漢字で教えてくれるので、覚えることができます。

名前を呼ぶこと、仲良くなる第一歩ですものね。

 

◎ちょこっとポイント⑵

ママ友同士の付き合いは、お互い様のお付き合いです。

病気になってドタキャン、約束の時間に直前オムツ漏れにより間に合わず、遊んでる時もお互いのおもちゃを舐めあったり、はたいて泣かせたり…自分にも相手にも寛容になる、お互い様の精神がポイントですよね。

 

◎ママ友関係で失敗したエピソード

・三人で仲良くしていましたが、何度かその集まりに行かずにいたら、私以外の1人を誘って別の三人で仲良くし始めて切なかったです

・勇気を持って連絡先まで聞きましたが、結局その時にお誘いできずに、早半年…今更連絡とれません…

・とっても感じの良い方で仲良くしたかったのに、連絡先を聞かずに。どこかでお会いできると願いを込めていましたが会えず…

 

楽しい育児ライフを!

10ヶ月の娘ちゃんとママとパパ

10ヶ月目はまたたくまに終わりました!

 

人に、はいとおもちゃを渡し、おもちゃをちょうだいと言ってもらうというやりとりを楽しみ始めました。

ドアの音がするとハイハイで迎えに行くように。

パパパパパと、破裂音を楽しみます。

パパに対して言っていることもあります。

ママは、悲しくて泣く時に語尾についてることが!

発する音の種類は増えました。

むにゃむにゃいいながら1人で遊んでいることも。

 

プーメリーや、音楽が鳴る絵本を好み、音を鳴らしては身体を揺らしています。

2歳まではテレビを見せない方針でいますが、いないいないばぁとか一緒に見ようかな。

音楽を聴く習慣もなく、静かな部屋なので。

 

絵本は相変わらず好き。

同じ本をリピートというよりは、いろんな本を渡して来ます。

反応も良くなりました、にこっとしたり、"どこだ"というと、指をさしてみたり。

わたしがくしゃみの真似をしたり、うがいの真似をするとケラケラ笑います。

欲しいもの、やりたいことが出来ないと泣くようになりました。

米びつに手を入れて、生米を触ったり握ったり持ち替えたりという遊びが大好き。

ただ、米を床に落とさないようにじっと見てないと行けないので、出来ない時もあります。

その時は悲しそうに、泣きますね。

 

生活リズム、毎日22時とか23時まで寝なかった時もありましたが、今は21時代に寝るかな。

昼寝が減りました。

基本的に、12時前後に一度、夕方に一度の二回。夕方のお昼寝はない時もあります。

 

離乳食は、ベビーダノンは鉄板。

絹豆腐も好きです。

まだ細かくしないと嫌がるかな。

ビーフードにたくさん頼った日々でした。

ビーフードはよく食べるんだ。

楽ちん!

 

ママの体調がイマイチな日々でした。

白斑が乳首にでき、胸が詰まり気味でマッサージに行きました。

授乳のたびに痛みで悶絶していました。

生理が始まり、生理前の爆発的な食欲と微妙な体調不良もありました。

あとは、急性の胃腸炎で、胃痛で悶絶し、休日医に駆け込んだこともありました。

その他、軽い風邪になったことも。

こう並べてみるとすごい。

 

パパは安定して仕事に行っていました。

たまに疲れてモヤモヤしている時もありましたし、走る頻度も減ったので、ちょっと心配になる時もありましたが。

眠れなくなることは減ったみたいです。

美味しいご飯を作ってあげることに、愛情を感じるみたいです。

 

いよいよ1歳最後のひと月。

噛みしめながら過ごしたいと思います。

あぁ、さみしい。でもうれしい。でもさみしい。

不完全のまま踏み出す勇気

2018年の目標は、不完全のまま踏み出す勇気です。

 

完璧主義、完璧な自分しか見せたくない自分がありました。

修論を出さなかったのも、今からやっても中途半端なものしかできないから、それを出すのが嫌だったんだと思います。

綺麗な部屋にしか人を呼びたくないのも、体重計に乗りたくないのも、試着をするのが嫌なのも全部一緒。

今の自分は不完全で、それを自分で直視するのはできなくて、ましてや人に見せることなんてできない。

そうだったんだな。

でも、少しずつわかってきました。

できない自分も、ちゃんと認めてくれる人たちがいます。

このままの自分でいいんだと、肩の力を抜くことは、けして自分を甘やかすことではなかったんです。

 

だから、2018年は不完全のまま踏み出す勇気を持つことを目標としています。

部屋の片付けが完璧には終わらないけど、出来る限りやって友達を呼びます。

初めてだからうまくできなくてカッコ悪いかもしれないけど、ヨガやピラティスに参加します。

的外れな意見かもしれないけど、会議では一度発言します。

 

不完全な自分をみせよう、愛そう。

自分革命です。