木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

人と距離を置く方法

人間関係で大事なことはと聞かれると、距離感と即答するほど、人との距離に気を遣っています。

というのは、わたしが心地よい距離感は相手のそれより遠いことが度々あるからです。

この人大好きなんだけど、ちょっと距離近いな…!って思うこと、たまにあります。

どんな人とも適切な距離感を保てば、嫌いにはならないと思うんです。

中学校の頃大嫌いだったいじめっ子のNちゃんのこと、今は嫌いじゃありません。

何故か、距離が遠いから。

実際に会う機会もなく、連絡先もSNSも知らず、共通の友達もおらず…という状況。

距離が遠いから、嫌わずに済む。

距離といっても、物理的な距離ももちろん関係するのですが、しない場合もあります。

わたしは仕事で出会った人たちは嫌いにはなりません。

毎日顔を合わせるし、物理的な距離はすごく近いです。

ただ、仕事というものを介してのおつきあいで、プライベートでは会わず、下手すりゃ個人的な連絡先も知らない位です。

異動すればもう連絡も取らないだろうという距離感なので、嫌いにはならないのでしょう。

精神的な距離感が遠ければ、問題はないのです。

 

どんなに仲良しになっても、プライベートで月一以上会うのはキツいです。

会うときも、3,4時間が適切だと感じます。

ご飯食べて、ちょっとぶらっとして解散。

それ以上長いと、苦しくなります。

夫と娘は例外なのですが、実家の家族も同様です。

 

そんなわたしなので、うまく距離をとれる方法、模索してきました。

大体以下のやり方がいいかなぁと思っています。


・会うのは頻度を決めて

どんな相手でも、自分で頻度を決めてしまいます。

ママ友や家族ならば月1程度、その他の友達は半年に一度位のペースだと心地よいです。

それ以内に誘われたら、日程調整の段階で月1になる位先にしてもらいます。

 

・会う場所は出来るだけ屋外

子がいると家を行き来するのが楽なのですが、適切な距離感のためには外で会うようにしています。

 

・会う時間は予め決めて

お店ならば大体2,3時間で出なければいけないのでわかりやすいです。

お家にお邪魔する際も、ちょっと短く物足りないくらいで帰ることにしています。

それ位の方が、時間を目一杯楽しめる気がします。


・丁寧語、正座、挨拶、手土産など、礼節を尽くす

いわゆる"他人行儀な振る舞い"です。

義実家に対しては特に心がけています。

嫌がられるのですがね。

わたしたちは親戚だけど、家族ではない。

嫁に入ったのではなくて、夫が家を出たのですよと線引きをします。

 

自分なりにやり方を決めてきて、だいぶ人間関係が楽になりました。

20代前半は、無理に相手の距離感にあわせて、パンクしてその人のことを大嫌いになったりしていました。懐かしいです  苦笑

今後も適切な距離感を探りながら、人付き合いを楽しんでいきたいです。

9ヶ月の娘ちゃんとママとパパ

かわいいかわいい娘ちゃんです。

 

指差しをはじめました。

気になるものを指差したり、欲しいもの、連れていって欲しいところを指差したり。

欲しいものをもらえると嬉しそうにニコニコしています。

たいてい、葉っぱ。

相変わらず草木が好きです。

 

離乳食はあまり残さず、出したものは全部食べるようになりました。

ただ、パンとかホットケーキとかはあまり食べず。

ご飯が好きですね。

タンパク質は、ツナ缶やささみ缶、しらすを多用しています。

野菜はかぼちゃ、あとは大人ご飯の味付け前の取り分けもするようになりました。

お茶は、自分で勝手に飲んでるのが面白いです。

喉乾いたから飲んでるのかな、目についたから飲んでるのかな。

大好きなのは、ダノンのヨーグルト。

あとは、ママとパパが飲んでる、バナナスムージー(バナナ、牛乳、きな粉)。

 

大きく足を開き、たまに立つようになりました。

嬉しそうにニコニコ。

スクワットもしています。

 

本に興味が出てきて、本棚から本を出してパパママに渡したり。

絵本もじっと見て、読み終わったらもう一度渡して催促したり。

絵本の中を指差したり。

絵本や本をめくってみたり、がじがじしたり、楽しそうにしています。

 

喃語のレパートリーも増えてきました。

パパパパ、ババババ、ブーブー、ママママ、

ご機嫌な時一人で話し続けています。

 

人見知りさんは少し和らいだかな。

 

パパは、仕事復帰への道を着々と歩んでいます。

まだ負荷の小さい仕事しかもらえないみたいでそれにはストレスを抱えている様子。

駅まで迎えに行くと嬉しそうにしています。

ちょっと精神的に疲れてきているのかな。

ママも疲れてきています。

ぼーっとしてしまっていて、なくしものをしたり、怪我をしたり。

あとはママ友からのお誘いの返信メールを放置したり。

暴食もしました。

私も疲れが出る頃なのでしょうか。

冬は大好きな季節で、晴れているときのお散歩は気持ちいいです。

 

 

おっぱいのはなし

娘ちゃんが10ヶ月になりました。

スタートの授乳育児は盛大にこけましたが、授乳は100日勝負とはよくいったのもので、3ヶ月しないうちに自然に授乳できるようになりました。

それからずっと、おっぱいについては悩まずにこれました。

が、ここにきておっぱいトラブル続出です。

 

離乳食をたくさん娘が食べるようになり、授乳回数は急激に減りました。

それがよくなかったのでしょう。

しこりが出来たり、白斑ができたり。

授乳が痛くて痛くてしょうがなくなり、授乳相談室へ駆け込みました。

 

助産師さんが、胸をタオルであたためながら一時間も丁寧に絞ってくれました。

仰向けで絞ってもらうのですが、天井に向かってピューピューでる、わたしのおっぱい。

詰まっていたと思われるところなどは、勢いがすごく、天井に到達するばかりでした。

圧巻!

双子ちゃんいけるくらいよく出るおっぱいだねー。

今までトラブルないなんて、よっぽど娘ちゃんがたくさん飲んでくれていたのねー。

産後すぐ、1グラムとか2グラムしかおっぱいが出ず、悲しい思いをしていたことを思い出し、ここまできたことに泣きたくなるような気持ちになったのでした。

 

授乳回数を増やすように指導されましたが、白斑できている方はおっぱいあげるとかなり痛いんですよね。

悶絶。

でも、あげ続けないと、またおっぱいが溜まってしまう。

授乳タイムは安心しておっぱいに集中している娘の顔を眺めるリラックスタイムでしたが、今は頑張るぞと気合を入れて我慢する時間になりました…

 

救いは、今が痛みのピークだと言われたこと、1,2週間で落ち着くと言われたこと。

今がピークならなんとか乗り越えられそうです。

 

大量におっぱいを出してもらったからか、終わった後のおっぱいはふにゃふにゃ。

 

料金は5000円でした。

一時間も頑張ってもらって5000円、安く感じます。

でもな、おっぱいトラブルで定期的に通っている人からしたら高いんでしょうね。

 

大事なおっぱい、もう少し頑張ってねと、いたわる気持ちでたくさんです。

 

ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250

 

 

 

250ものライフハックが書かれている本。

250もあるので、おっとときめくものがたくさんありました。

気に入ったのは写真を撮り、夫と共有のファイルに。

夫にも同じ作業をしてもらうと、被るライフハックが多く、それについていろいろ話せて面白かったです。

 

特に、以下のところは今後使えると思いました。

・探し物は30秒以内に見つかるか

人生で探し物に費やしている時間は一体どれ程でしょうか。

確かに、30秒以内に見つからなければ、その置き場所が適切でないということ。

私たち夫婦は、"住所はどこなの"とよく言います。

どこにいるのか、住所が決まっていない時に人は物をなくします。

最近は物をなくすことが多くて、メガネ、母子手帳、鍵。

メガネは住所が決まっていないから、置き忘れてしまいました。

母子手帳は、いつも使っているカバンから、他のカバンに移し替えてなくしました。

鍵も、住所は決まっていたのですが、徹底しておらず。

あるべき場所に置くということは、習慣化していきたいです。

 

・仕事に入る自分なりの儀式を作る

・朝のルーティンを作る

先輩方を見ていても、自分ルールができている人は強いと思います。

お昼は必ず外で一人で食べる人、朝カフェに寄ってから来る人…

わたしが作ることができていたルールは

・ランチ後机をウェットティッシュで拭き、ついでに他の部分も拭くこと。

・退勤時は机の上に何も置かないこと

でした。

今の生活でも、ルーティンを作って毎日それをやって行きたいです。

 

・荷造り、出張のテンプレートを作る

毎回、何を準備しようか考えるより、出張のto do リストを作り、それを埋めていく方法が効率的ですね!

今の生活でも、娘のお出かけ to doや、買い物帰りのto do など、テンプレート化しておくと便利。

ちょいちょい、これ忘れた!ってしてしまってるんですよね、未だに。

 

・チェックリストで些細なミスをなくす

書類を上司に回す前に、ケアレスミスチェックリストを作ろうと思いました。

誤字脱字、日付ミスなど、防ぐ仕組みづくり。

メールを送る前に、添付ファイル、行き先、間違ってないか確認するチェックリストを作ったり。

 

 

誰かと関わるたびに褒めよう

褒めることの難しさを感じます。

誰かを褒めることって、ちゃんと相手のことを観察して、もともと持っている素敵なところや、ポジティブに変化したことを拾い上げる作業です。

自分のことで精一杯な時は、相手のことを見ることすらできません。

いいところも、"いいなぁ"と僻んでしまったり。自分と比べて、落ち込んでしまったり。

最近めっきり自信がなくなっているので、人を褒めるのも難しくなっているのでした。

だから、意識的に。

 

誰かとLINEのやりとりしたり、会ってお話しする機会があったら、家族であっても褒めよう。

褒めるのが難しい時は、お礼を言おう。

意識的に、褒めていきます。

ヨガ&ピラティススタジオへ行って来ました

自分時間を作ろうと、早速スタジオの体験入会をしてきました。

スタジオは、一番近いところを選びました。

月謝の安さより、すぐ行けるところが続けられる。

徒歩7分位かな。

最初はピラティスを。

初めてだったので、緊張しましたが、運動初心者にとってヨガやピラティスって良いですね。

なにがよいって、みんな自分自身に集中しているので周りの目を気にしなくて良い!

せいぜい、隣や前の人のポーズが視野に入るだけで、見られている感じも全然ありませんでした。

あとは、スタッフの人が適度に回って個別指導もしてくれるので、置いてきぼりにならずにもすみました。

スタッフの方たちのスタイルも良かった。

しなやかで、しまっている感じ。

胸式呼吸を続けながらポージングがすごく難しかったです。

普段しない呼吸、息を吸った時にお腹が薄くなる呼吸というのが難しい。

自分の身体に集中しますね。

いろんなもやもやや雑念を感じず、今その時の身体だけに集中できるのは、リフレッシュ効果があると感じました。

家に帰ってから疲労感。翌日、筋肉痛。

ちゃんと筋肉を使えたようです。

 

ピラティス創始者の方のお言葉
「10回やると気分がよくなり、20回やると見た目が変わり、30回で体のすべてが変わる」

姿勢も良くなるらしいです。
まずは20回を目指してやってみようかな。

一歩踏み出せた自分に感謝です。

 

ママ九割、自分一割

2017年は妊娠後期から始まり、出産を経て、ふにゃふにゃの新生児期、少しずつ寝返り、ずり這い、ハイハイ、つかまり立ちと世界を広げていく娘を見守っていく一年間でした。

娘と離れたことは、毎日のお風呂と、たまに夜ウォーキング。

美容院は一度、一人カフェは一度、一人で買い物も一度。

あとは四六時中、娘のそばに居て、肌身離さずでした。

ほぼママの私しか居ませんでした。

それは、精神分析学者のウィニコットがいっているような、原初的没頭。

乳児に同一視して、ニーズを察知し、それを献身的に満たすことだけに注意を注ぐ。

子供以外に注意が向かなくなり、その時期のことを思い出せなくなるくらい、危うい状態とのこと。

母親業に全てを注いで来たと思います。

それで良かった!

人生でこんな風に生きられる一年間、貴重。

それがどんな意味を持つのかは今後見えてくるのかしらと思います。

 

周りは一歳で育休から復帰する人たちが多く、ちょっと取り残されたような不安な気持ちにもなります。

一歳は、少しずつ、ママ以外の自分を取り戻していこうと思います。

全然身だしなみ、外見に気遣わずに来ましたが、少しずつ気を遣っていく自分。

心理の専門家としての専門性を、読者を通じて少しずつ取り戻す自分。

なので、目標を立てました。

・月に4回、ヨガかピラティス

・月に10回、夜ウォーキング

・飲み会に一度参加

・勉強会に二度参加

 

ちょっとの罪悪感はありますが、自分のために時間を使うこと、始めたいと思います。

よい2018年になりますように。