木馬の時間

ブログタイトルは俵万智さんの大好きな歌から。ゆっくり、前に後ろに。

心がボロボロがすーっとラクになる本

「心がボロボロ」がスーッとラクになる本 作者: 水島広子 出版社/メーカー: さくら舎 発売日: 2012/10/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 2回 この商品を含むブログ (5件) を見る 心理の本でオススメの本を聞かれた時はこの本を伝えます。 自分…

好きな人を諦めてからの心の動き

好きな人がいました。 といっても、アイドルのような存在で、会うことももうないだろうと思っている存在でした。 でも、いつかもしかしたら会うことがあるかもしれない…と、たまにときめいて、楽しむ存在でした。 先日、その淡い恋心が夫にバレて、傷つけて…

ママ友との良い関係の作り方

わたしは産後、ママ友との付き合いがかなり不安でした。 そもそもママ友出来るのかなという不安から、ママ友との関係ってストレスなのかな、何を話せばいいの、どんな人なの。 でも、大丈夫でした! 私みたいにママ友との付き合いが不安な人に届け! ◎ママ友…

10ヶ月の娘ちゃんとママとパパ

10ヶ月目はまたたくまに終わりました! 人に、はいとおもちゃを渡し、おもちゃをちょうだいと言ってもらうというやりとりを楽しみ始めました。 ドアの音がするとハイハイで迎えに行くように。 パパパパパと、破裂音を楽しみます。 パパに対して言っているこ…

不完全のまま踏み出す勇気

2018年の目標は、不完全のまま踏み出す勇気です。 完璧主義、完璧な自分しか見せたくない自分がありました。 修論を出さなかったのも、今からやっても中途半端なものしかできないから、それを出すのが嫌だったんだと思います。 綺麗な部屋にしか人を呼びたく…

ネットスーパー生活

2018年はネットスーパー生活を始めました。 基本的に週1度、ネットスーパーで5000円分注文をします。 5000円なのは送料無料な額だからです。 買うものは、我が家の定番もの。 5000円のうち、ほとんどは注文履歴からカートにいれています。 以下のものは毎回…

怒りがスーッと消える本

「怒り」がスーッと消える本―「対人関係療法」の精神科医が教える 作者: 水島広子 出版社/メーカー: 大和出版 発売日: 2011/05/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 12人 クリック: 41回 この商品を含むブログ (16件) を見る 最近何に怒りましたか? …

好きな人が夫にバレた

好きな人がいました。結婚してからは一度も会ってないし、結婚する前も数回食事を共にしただけの相手。浮気といえることは何もしてないし、同じ職種の大先輩と、慕っている後輩という関係でした。でも、好きでした。結婚後はけじめをつけるために会わず、年…

今に集中する

ピラティスをはじめました。 まだ三回だけですが、面白いです。 筋肉や呼吸、骨などに意識を向けながら身体を動かしていく感じ。 先生の言ってること、難しいんです。 "肋骨が膨らんでいくことをイメージして息を吸って" "鼻と顎、恥骨を一直線に保つように"…

最高の休息法

世界のエリートがやっている 最高の休息法――「脳科学×瞑想」で集中力が高まる 作者: 久賀谷亮 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/07/29 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る ここ数年で、よく出会う考え方があ…

人と距離を置く方法

人間関係で大事なことはと聞かれると、距離感と即答するほど、人との距離に気を遣っています。 というのは、わたしが心地よい距離感は相手のそれより遠いことが度々あるからです。 この人大好きなんだけど、ちょっと距離近いな…!って思うこと、たまにありま…

9ヶ月の娘ちゃんとママとパパ

かわいいかわいい娘ちゃんです。 指差しをはじめました。 気になるものを指差したり、欲しいもの、連れていって欲しいところを指差したり。 欲しいものをもらえると嬉しそうにニコニコしています。 たいてい、葉っぱ。 相変わらず草木が好きです。 離乳食は…

おっぱいのはなし

娘ちゃんが10ヶ月になりました。 スタートの授乳育児は盛大にこけましたが、授乳は100日勝負とはよくいったのもので、3ヶ月しないうちに自然に授乳できるようになりました。 それからずっと、おっぱいについては悩まずにこれました。 が、ここにきておっぱい…

ライフハック大全 人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250 作者: 堀正岳 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2017/11/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (3件) を見る 250ものライフハックが書かれている本。 250もあるので、おっとときめ…

誰かと関わるたびに褒めよう

褒めることの難しさを感じます。 誰かを褒めることって、ちゃんと相手のことを観察して、もともと持っている素敵なところや、ポジティブに変化したことを拾い上げる作業です。 自分のことで精一杯な時は、相手のことを見ることすらできません。 いいところも…

ヨガ&ピラティススタジオへ行って来ました

自分時間を作ろうと、早速スタジオの体験入会をしてきました。 スタジオは、一番近いところを選びました。 月謝の安さより、すぐ行けるところが続けられる。 徒歩7分位かな。 最初はピラティスを。 初めてだったので、緊張しましたが、運動初心者にとってヨ…

ママ九割、自分一割

2017年は妊娠後期から始まり、出産を経て、ふにゃふにゃの新生児期、少しずつ寝返り、ずり這い、ハイハイ、つかまり立ちと世界を広げていく娘を見守っていく一年間でした。 娘と離れたことは、毎日のお風呂と、たまに夜ウォーキング。 美容院は一度、一人カ…

子育て支援の心理学

子育て支援の心理学―家庭・園・地域で育てる (有斐閣コンパクト) 作者: 無藤隆,安藤智子 出版社/メーカー: 有斐閣 発売日: 2008/10/10 メディア: 単行本 クリック: 6回 この商品を含むブログを見る 面白かったところのメモと、感想です。 ・子育てには子供の…

好きな人の話

既婚者ですが、好きな人がいます。 結婚が決まってからは会っていません。 仕事で一緒になって5回ほど会い、その後二人きりで5回ほど会いました。 相手の方が既婚者かどうかは、わたしは聞きませんでしたし、相手も特に話すことはありませんでした。 好きだ…

浅田真央 私のスケート人生

2018年初めに読んだ本。 真央ちゃんがいないシーズンは、どこか寂しい。 寂しさと同時に、こんなにも応援できる選手がいたこと、こんなにも幸せを願える人に出会えたこと、幸せを感じます。 引退会見、黒のスーツを当初は考えていたとのことですが、白いスー…

見違える、わたしの仕事時間 Emi

育休からの復帰を考え、書店でも少しずつビジネス本や自己啓発本に目が向くようになりました。Emiさん、ブロガーなのですね、存じ上げなかったです。 いろいろ、自分が見つけてきたライフハックを教えてくれる、そんな感じの本が好き。 ラクをするを心がける…

小泉放談

小泉放談小泉今日子さんが好き。 あまちゃんのお母さん役で、肩の力抜けてる演技が好きになった。 歳を重ねてるのに、とってもチャーミングでゴージャスで強くしなやかな女性。小泉さんの文章も、好きだ。 いろいろ経験したことがあるのに、重くない。 たま…

魚と柚子の話

朝は魚の習慣を、夫と始めました。 イオンの火曜市で、味付け魚一枚88円を2枚×三種類、鮭を4枚購入。 平日の朝ごはんは、魚と目玉焼きと納豆です。 魚は夫が夜のうちに焼いてくれて、目玉焼きは朝夫が焼いてくれます。 味付け魚、美味しくて焼くだけで済むの…

フィギュアスケート全日本選手権雑感

全日本は、選手たちの熱い思いが伝わってくるすごいいい試合でした。 毎年毎年思うことは、ありがとう。 並々ならぬ努力をしている姿を、その集大成を、見せてくれてありがとう。 大半の選手が10歳以上年下になってしまいました、みなさんの、一滑り一滑りに…

イライラし始めた時は、疲れてる証拠

今日は娘ちゃん、朝から抱っこ抱っこで、 抱っこしたまま指をさした方向に連れていかないと、泣くという感じでした。 指をさした方向は、夫が買ってきてくれたカーネーションを挿した花瓶。 お花を触りたくて、触りたくてしょうがなかったのです。でも、触ら…

母乳がいいって絶対ですか

母乳がいいって絶対ですか?作者: 田房永子出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2015/12/18メディア: 単行本この商品を含むブログを見る田房さんは、すごく自分を客観視することが上手だと思う。 私の好きなカウンセラーの信田さよ子先生が、"自分は虐待の…

にっき

今日は朝から彼は趣味のツーリング。 その間に私は友人たちを招き、忘年会。友達の一人が、私のお家で忘年会を開くことを提案してくれました。 優しい、嬉しい! 娘ちゃんのことを見ながらなので、あまり会話に参加は出来ませんでしたが、 なんだかみんなと…

8ヶ月の娘ちゃんとママとパパ

8ヶ月はまたたくまにすぎました。 本当最近、時間が過ぎるのが早い。 もう少し、まだまだかわいいわたしの赤ちゃんでいて欲しいのに。 ほら、今日もこうやってできることが増える。にこにこ表情が豊かになりました。 わたしがカーテンで隠れていると、見つ…

なぜか仕事のできる人の習慣

なぜか仕事のできる人の習慣を読んだ読書メモです。 ・仕事以外の時間を必ず持つ メリット 自分より上の人がいるから謙虚な気持ちに →そういえば、学部時代の恩師はエアロビクスをやっていて、上手くできなくて恥ずかしいけどこの感覚を忘れないでいたいと言…

ズボンの裾上げとお金の価値について

夫が作業着の裾上げをしたいと言い出して、時間をかけてチクチク片側を縫っていました。 初めての裾上げYouTubeでやり方を見ながら思考錯誤。 ちょろちょろ周りをまわってちょっかい出す娘ちゃんを押さえながら 笑 30分かけて片側をやり終わり、一言。"これ…